まずは心の準備が必要です。

あたりまえのことですが、下記の点を十分に理解する必要があります。

理解せずに、婚活をすすめると理想と現実のギャップや
「こんなはずでは、なかった」と後悔することになります。

・自由に使える時間が減るまたはなくなる

この場合、婚活の活動期間もさることですが、交際期間、結婚後
すべてにおいて「自由時間」は減るか、なくなると考えましょう。

とくに、効率や合理性を重視したライフスタイルを好む方は、
とても「効率が悪く」「合理性に欠いた」時間を過ごすことが
多々発生しますし、その状態は(永遠に)継続する可能性があります。

例えば、
女性に合せたデート(買い物、食事、歩くスピード等)
女性の感覚に合せた会話や意思の疎通(メールやSNS含む)
見た目を気にして服装や髪形、身だしなみを整える
趣味や旧友との時間やイベントは後回しか不参加

一例として、
お付き合いが始まると女性と休日がずれる場合があります。
彼女が働いているときに、仲間とBBQに行った様子をフェイスブックで
公開したときに「楽しそうね。次は私も誘って!」という女性もいますが、
頻度よく、仲良しグループとはしゃいでる姿をよしとしない女性もいます。
「いい年しして、こんなに毎週でかけるなんて、キモい」となります。

この感覚がわかる方と、わからない方がいます。

わかる同士、わからない同士で組み合わさればいいですが、
「束縛する女性」「やきもち焼きな女性」としか考えられなければ、
永遠にお互いを理解できないでしょう。

一番最悪なのは、自分の自由は理解してほしくて、
相手の自由は理解できない場合です。

自分が「束縛をキライ」、相手が自分の知らない友だちと楽しむことを
理解でいないようでは、婚活と言うより交際自体が難しいです。