・自由に使えるお金が減るまたはなくなる

この場合も、婚活の活動期間、交際期間、結婚式と新生活スタート、結婚後
すべてにおいて「お金」は減るか、なくなると考えましょう。

※「結婚後は共働きで収入が増え、生活コストが減る」と考えている方は、
その旨を相手に伝えましょう。それを理解できる方だけを対象にします。
専業主婦希望、出産による子育て休暇および離職希望の方は
初めから対象にしない方が効率がよく、合理的です。

婚活で好印象を感じてもらうためには、それなりに身だしなみを整える
必要がありますし、それには費用が発生します。

基本的にはデート費用は男性負担か、男性の割合が多い割り勘になります。

「きっちり割り勘にしたい」もしくは「できれば払いたくない」方は、
あなた側に、「交際および結婚にそれなりの(多大な)メリット」がないと
男女平等といわれている現代においても、現実問題、成立しません。

かなりのイケメンで、デートしているだけで女性が幸福感を感じて、
お金を払ってでも満足できる(ホスト的な存在)か、有名人・芸能人か、
何らかのメリット(ビジネス等)がある人でしか認められません。

同じレベルの条件(顔、年齢、スタイル、年収等)であった場合、
きっちり割り勘にする人はあきらかに評価が低くなります。

とくに今後の付き合いが発生するかどうかのタイミングで、女性だから
と言う理由だけで無駄な投資をしたくない気持ちはわかりますが、
その出会いは、合コンであれ、お見合いであれ、結婚相談所であれ、
それなりの費用が発生していることを考えれば、
費用を発生して得たチャンスを食事代等を払いたくないがために
みすみす失ってしまうのは、多大な機会損失です。

あたりまえのようにおごらせる女性や感謝の態度がまったくない女性を
候補から外すことはできますが、「好印象」で「いい雰囲気」だったと
確信した相手から「きっちり割り勘の男性はムリ」と後日断られたら、
かなりダメージが大きいと思います。

ざっくり言えば、
「ふつう」~「好印象」の女性に対しては当たり前のように
「おごる姿勢」を見せて評価を下げないことが大切です。
「悪印象」~「付き合うのは無理」の場合は早い段階で撤退。