・共働きを希望する場合、家事と収入等の割合
・専業主婦を希望する場合、家事の割合と収入等の保証

今の時代、ある程度の人が何かしらの労働をしている
もしくはしていたまたは今後する予定だと思います。
その中で、結婚を機に「労働=仕事や社会」と
どうかかわるかを考えさせられるのは、ほとんどが女性です。

男性が結婚を機に家庭に入るという話はあまりききません。
(実際にはありますが、今はレアケースです)なので、
女性側は結婚=今後の働き方という図式で思考しています。

今のまま女性も働き、家事は分業する場合、
収入の割合と家事の割合をどうするかということになります。

「俺は働いているんだから、家事は女の仕事だろ!
俺は一切やらない!」と思っているのであれば、
女性を紹介された時点でその旨を相手に伝えて下さい。

相手がそれでもいいというメリットをあなたに見出せば
交際に至ることができます。そのメリットがなければ、
婚活をいくら頑張っても成果は出ないでしょう。

最初はものわかりがいい現代的な思考の男性のフリをして、
いざ結婚となったときもしくは結婚後に「家事は一切しない!」
となるのは相手に対して卑怯ですし、
女性はあなたを「うそつきで、最低な男だ!」とまわりの友達や
産まれてくる子供に吹聴し続け、その最悪な評価を背負ったまま
一生(もしくは死んだあとまで)結婚生活を送る気が
あるのであれば「だまし討ちも」一つの方法ではあります。

では、家事をしたくないもしくはできない男性は
結婚ができないのかと言うとそうではありません。

専業主婦=社会で働かないもしくは働きたくない女性は多くいます。
彼女たちは主婦業をするという条件で、十分な収入(=生活に必要最低限な収入ではない)を
得ていて、金銭的な苦労をさせないのであれば、喜んで100%の家事をするという女性もいるでしょう。

ただし、こちらにもある程度のリスクはあります。

最初は家庭的な古風な思考の女性のフリをして、
いざ結婚となったときもしくは結婚後に
「必要最低限やればいいでしょ!レトルトだって文句言わない!
掃除してなくても死なないし!」と豹変する可能性もあります。
あなたが奥さんの文句をまわりに愚痴ったとしても、
「ご愁傷様!」と言われるだけで解決する方法はありません。
「だまし討ちも」は男性だけの戦法ではないのです。

家事をしない、もしくは家事をする女性に敬意を表し、
感謝しない男性は女性にとって「選ぶべき男性ではない」のです。

昭和の時代、母親がそうであったから、今の時代も
そうであってほしいという幻想はあると思いますが、
その場合、昭和の父親と同じように働き、十分な収入と
将来の安定と資産をもたらすことができるか
と言うことを考えてみましょう。

蛇足ですが、

実家の土地もしくは建物があるから同居すればコストを抑えられるので、
そのコストの分だけ自分は金銭的な優位性があると思っているようであれば
婚活は難しいでしょう。そのケースのコスト/リスクは金銭だけの話ではありません。

同じように、女性の実家に婿入りして同居した場合、
「コストを女性側が負担するからいいオファーでしょう?
だから、喜んで女性の苗字に変えて、婿に来てください」
という申し出に、即答で「喜んで!」と言える方は、
よい婚活ができるかもしれません。

男女の立場を平等に考えられる
「本当に現代的な思考の持ち主」でなければ、
婚活は難しいでしょう。